MESSAGE

「実行」する力を飛躍的に向上させること、
そして、クライアントの求める成果を実現すること

「どんなに見事な分析や提言であっても、企業がそれを実践できなければ全くの無駄だ。我々が為すべきことは、それを現場の日常業務の中に落とし込み、結果を出すことである」
―1946 年にアレキサンダー・プラウドフット氏の掲げた哲学が、現在でも我々エーピーアイコンサルタンツ(API) の原点となっています。

APIの第一の特徴は、組織の「実行力」を高めることです。
社員は皆、 知識豊かで優秀、誰もが何をすべきか理解している。ところが、本来すべきことが必ずしも実行されていない。
それどころか、逆の行動を繰り返して、業績が思うように伸びない。このような状況から脱却するために、多くの企業で変革を試みられますが、その際、平時には有効に機能する「組織の慣性」と「人の感性」が大きな壁となります。変革をやり抜くためには、一旦組織内に「非日常性」を持ち込み、その中で「知っていること」と「行動していること」とのギャップをなくす新たな行動様式にチャレンジする必要があります。さらに、新たな行動様式に適った仕組みや仕掛けを運用し、その習熟を通じて、日常業務に融け込むまで「やりきる」ことで変革は成し遂げられるのです。私たちのプロジェクトアプローチはクライアントの皆様と共に考え、共に議論をし、時には実際に実務を行い伴走するというスタイルです。
クライアントの皆様と当社のコンサルタントが本気で議論を戦わせ、一意専心に達成すべき成果に共に向かう過程を経て、変革への共振が生まれ、クライアントの皆様が変革を自分事化できるのです。このとき、組織の「実行力」は各段に向上し、クライアントの管理者の方々の個の力も確実に高まっています。

APIの第二の特徴は、変革の果実である定量的成果を一定期間内に収穫することです。
激動の時代にあって企業が生き残るためには、ときに外的環境の変化に埋もれない、短期的で非連続的な成果の創出が必要となります。そのためには、高い目標にコミットした上で、その成果を具体的な行動レベルで実現させるプロジェクト環境が必要です。このような環境においては、それまでのやり方を抜本的に見直さざるを得ず、また、一部の社員だけでは達成できないので、上司や部下、他部門を巻き込むような行動様式が必須となります。結果として、問題解決の速度と密度、さらには業務効率が飛躍的に向上し、再現性のある定量的成果の収穫が可能となるのです。

「戦略の提案に留まらず実行までサポートする」と謳うファームが当たり前になった昨今においても、APIは「実行力」の分野で他の追随を許しません。APIは、アレキサンダー・プラウドフット氏の哲学を更に発展させ、国内企業やその海外事業所の風土にも適用可能な姿に深化させてきました。プロジェクト現場への常駐により、経営層のみならず現場とも綿密な連携をはかる支援形態は、クライアントの皆様から高い評価を頂いております。

APIの第三の特徴は「有事への対応力」です。今まで申し上げてきた通り、私たちの通常のプロジェクトアプローチでは実行する主体はあくまでクライアントの皆様であり、私たちはその実行するマインドの醸成と環境作りを全力でサポートするというスタイルをとります。同時に「私たち自身が実行する」プロジェクトも最近では増えています。特に有事の会社や事業体です。クライアント企業や特定の事業体が生き残ることそのものが最大の目的となるケースです。こうした企業再生、事業再生と呼ばれる案件では、通常の「実行をサポートする」だけでは、とても間に合いません。当社には、破たんの危機にある会社や事業に経営陣や事業部長といったラインに自らが参画して、再建を実際に成功させてきた人財も多く存在します。私たち自身が暫定経営者として再建を主導したり、経営企画機能のアウトソースを請け負う等して、実務を最前線で取り仕切りながら、再度クライアント企業・事業を正常軌道に戻すといった有事対応の支援も当社の強みの一つなのです。

APIは、Assured Performance Installation の頭文字です。その由来の通りまさに「今」、クライアント企業がおかれている環境において必要な成果をお約束するという姿勢で変革に向き合っています。「具体的な効果を責任をもってクライアント社内に定着させ、計測可能な成果を生み出すこと」それこそが私たちの使命です。

経 歴

  • 元 内閣府規制改革委員会メンバー
  • 元 株式会社ベネッセコーポレーション 社外取締役
  • 元 アドベント・インターナショナル 創設者 兼 代表取締役社長
  • 元 アリックス・パートナーズ 代表取締役社長
  • 元 株式会社アルファパーチェス 創設者 兼 代表取締役社長
  • 元 KVHテレコム株式会社 創設者 兼 代表取締役社長
  • 元 米国ナショナルスチール社(現JFEスチール株式会社 米国子会社) 上席副社長
  • ・東京大学 法学部 卒
  • ・NY州コロンビア大学 MBA 及び LLM 取得
  • ・ハーバード・ビジネススクール AMP 修了

書 籍

【他責病にサヨナラ
ビジネスのリアル成功者に共通
する自分をうまく責める技術】 松本洋 (著) 購入 >>>
【自責社員と他責社員
( 経営者新書) 】 松本洋 (著) 購入 >>>