社員紹介/ インタビュー

経歴
重工業界大手の火力発電設備設計部門にて、性能設計、技術営業を担当、又海外案件プロジェクトのマネジメントに従事。コンサルタントに転身後は、食品小売、IT関連、外食チェーン、旅行代理店、分析検査機器メーカー、消費財メーカー、重工業等多数の組織変革プロジェクト(収益改善・生産性向上・風土改革・ターンアラウンド)を遂行し現在に至る。オーナー系会社では経営企画室機能を担当。
入社動機
前職でエンジニアとして働く中で、優秀な方々がその努力に比して成果が伴わないことを目の当たりにした。それを「もったいない」と思い、生産性の改善に貢献したいと考えたことがきっかけ。
印象に残っている仕事
奇遇にも、古巣の会社(出身会社)が当社のクライアントとなり、そのプロジェクトの責任者となって得た経験。元々「この人達の力を成果に結び付けたい」と考えた原点であり、また個人的にも育てて頂いたご恩を返したいという想いがあり、とても印象深いプロジェクトだった。
APIの魅力
結果がすぐにかつ正直に出るところ。その点では、プロアスリートに似ていると思う。プレッシャーも大きいが、やりがいも大きい。
大事にしている事や休日の過ごし方
専ら家族サービス。「クライアント常駐」というスタイルから、遠方のプロジェクトだと平日はずっとホテルということもあり、家族には負担をかけることが多いので、しばし仕事を忘れて子供と触れ合うことは、良いリフレッシュにもなる。
求職者に向けてのメッセージ
「成長したい」という強い意思のある方は向いていると思います。
コンサルタントはクライアントに鍛えて頂き成長します。そして、自分が磨かれれば一層クライアントに貢献できます。その循環を早く回すには、直面する困難を「成長の機会」と受け止める前向きな姿勢が重要だと思います。